一生のフェイバリットに出会えていますか? 今だから話せる「Favo Square」秘話

Favo Squareオープンから1か月がたちました。皆さまの日常に、ときめきを与えられるアイテムがご紹介できていれば、我々もうれしいです。これからも、たくさんのものの中から、ワクワクする、暮らしを豊かにするアイテムを厳選し、ご提案できるようがんばっていきます!

さて、スタッフが商品やサイトについて各々の思いを書き連ねているスタッフブログですが、第5回目となる本記事では「Favo Square」の秘話を私ハカセが少しご紹介したいと思います。

最後まで悩んだサイトの名前…決め手になったのは?

実は「Favo Square」という名称に決まるまでには、すごーく悩み、紆余曲折がありました。当初出ていたアイデアは、「PHONE TAS」「ほっとライフショップ」「Smareco」「Mihon-ichi」「ミッケ」「KiKiPi」などなど、今思うと「Favo Square」に落ち着いて良かったなと思うものもあります…。

「生活を“ちょっと”豊かに、便利に、楽しくする商品と出逢える。」「商品ではなく体験を売る場としたい。」という我々の想いをストレートに伝えられる名前にしたい、ということで、皆さまにわかりやすく、そして口にしやすい名前にすべくスタッフと何度も何度も会議を重ねていきました。

「この名称は言いやすいけど…」、「これはイメージが悪いよね」など、それぞれサイトにかける思いが強い分なかなか全体の意見を集約できず、社内はもちろん、協力してくれる企業の方からも意見を頂き、さらにアイデアを練りに練りました。

そして熟議の結果、“お気にいり”という意味として使われるFavoriteを語源とした「ファボ」と、楽しい体験に出会えるみんなが集まる“サイト”という意味での「場所(Square)」を組み合わせて、ようやく「Favo Square」という名前が誕生したのです。この新しい言葉を完成させた瞬間、ようやく全員一致で「これでいこう!」と空気が一変して、これまでのモヤモヤが嘘のように晴れ、視界がクリアになったときの感覚は今でも忘れられません。

アイテムは、スタッフが“絶対欲しい”と思ったモノだけ選んでます

やはりECサイトということで、Favo Squareの肝となるのはそこに並ぶアイテム(商品)です。海外拠点のメンバーや海外商品を扱っているパートナー企業の方々に「新しい商品ないですか?」「面白い魅力的なアイテムないですか?」と日課のように情報収集して、日々新しい商品を探し回っています。

「日本ではあまり知られていないアイテム」をテーマに、我々スタッフも世界中の展示会を視察したり、逆にメーカーから提案を受けたりして、たくさんのアイテムに触れるようにしています。その中で良いアイテムがあれば、全てスタッフ自ら試して、体験して、“絶対欲しい”と思った商品だけを厳選し、「Favo Square」を通じて皆さまにお届けしているのです。
ということで、きっと皆さまの心に響く商品があるはず…だと信じています(笑)。

メンバー全員が素人!?みんなで作り上げる「Favo Square」

あまり大きい声では言えないのですが、実はメンバー全員ECサイトについては素人だったんです…。

それぞれの専門分野ではプロフェッショナルなメンバーが集まったものの、「EC」には部分的にしか携わったことのないメンバーで作り上げることになった「Favo Square」。連日連夜、「どのような運用体制を構築すればいいのか?」「どうすれば皆さまに喜んで頂けるサイトになるのか?」という議論を交わしました。(これは今もですが…。)実際にサービスを構築していく際も、ドコモでもこれまでにチャレンジしたことのないスキーム、ルールを作る必要があったので、各部門に理解を得ること、そして実行に移すための調整が本当に大変でした。

そんなこんなで、オープンして1か月程度経ちますが、もちろん現時点でFavo Squareが100点だとは思っていません。ですが、商品選定含め、勉強と情報収集を怠らずに、なんとか皆さまから100点をもらえるように日々改善していきますので、応援して頂ければ嬉しいです。「あなたの生活を“ちょっと”豊かに、便利に、楽しく。」するサイトを目指して頑張ります!まだまだ秘話(苦労話?)もありますので、機会があればご紹介できればと…(笑)。

これからも皆さまに楽しんでいただけるサイトを目指して日々努力して いきますのでよろしくお願いします!

この記事をSNSでシェアしよう!

Article 関連記事